自律神経失調は治療可能~原因見極め適切なケア~

医者

免疫の情報を活用しよう

二人の医師

免疫システムを調べよう

免疫システムは、体内で病原体やがん細胞などを撲滅し、わたしたちを病気から守ってくれるとても大事な機能です。この免疫系に異常をきたすと、体の調子が悪くなり、最悪の場合入院や手術が必要になってきます。免疫の異常に早めに気づき、治療していくことが、長生きの秘訣でもあります。免疫沈降とは抗原と抗体が反応して不溶性の沈降を作ることです。抗原や抗体の種類を見分けたり、どの抗原にどの抗体が反応するのかを知ることが出来ます。この現象を利用した免疫沈降法は、様々な病気の治療に活用されている検査方法です。円心分離や、磁石などを使って行われます。免疫沈降法では、抗体と反応するたんぱく質を、抗原ではなく、担体と呼びます。この担体をきちんと選択することが、検査や治療を早く進めるポイントとなります。

病気を予防、治療しよう

現在、免疫沈降法は人気を集めてきています。理由としては、知りたい情報にピンポイントを当てて検査できるため、内科疾患の詳細なデータを必要とする場合に利用できるからです。また、病気の予測をすることも出来ます。例えば膠原病では、予後の予測が、リスク管理のためにとても重要です。それからガンなどの他の合併症についても、ある程度予測することが出来ます。そのため、大学病院でも積極的に行われています。昔は大掛かりな装置が必要で日数も掛かりましたが、今は簡単な検査キットが出てきています。通販でも買えるため、だれでも、検査することが可能になりました。注意点としては、自分の欲しい情報にあった検査を行うことです。それに関しては、専門の医師に相談するのが一番間違いないでしょう。免疫沈降法を活用して、病気の予防や治療に役立てましょう。