自律神経失調は治療可能~原因見極め適切なケア~

医者

医療の今後の未来

先生

細胞単位で考える医療

医療の現場においてプライマリーセルという言葉があります。日常生活をしている中でほとんど聞くことがないこの言葉です。このプライマリーセルという言葉は、医療の現場で使われる言葉で、初代の細胞という意味があります。これとはべつにセルラインという言葉があります。セルラインとは、初代の細胞を培養して、その元の性質を固定したままに増殖するようにした株細胞のことをいいます。セルラインは、その増殖と扱いやすさ、薬剤に対しても感受性が高いので重宝されます。しかし、より生体内に近いプライマリーセルで確認する必要もあります。そういった経緯もありますのでプライマリーセルの今後の動向は、より一層需要が高まると思われます。

医療現場での役割

医療現場で特に内科では、プライマリーセルは細胞修復の為に使用されています。この他に生活習慣病でもある糖尿病や動脈硬化の治療薬の研究の為に使われていたりもします。現在では、これらの研究の為に化学薬品の会社などからプライマリーセルのキットなども販売されています。この人の細胞が培養できるようになりますと医療の現場での治療方法が飛躍的に向上します。今まで移植でしか治療が出来なかった病気も自己の細胞を培養し、必要な臓器を作ることで移植という方法せずに済みます。免疫による拒絶反応なども気にせずに済みますし、患者自身の負担も減る為です。このようにプライマリーセルの研究が進むことで難しかった病気やケガも治せる病気になる可能性もでてきます。