自律神経失調は治療可能~原因見極め適切なケア~

医者

放射線で癌を治療する

先生

ピンポイントで癌を狙う

放射線治療は外科治療、薬物治療と並ぶ癌の治療方法の1つです。癌の治療に用いられる放射線は癌細胞に障害を与えるため、病巣を縮小もしくは消滅させることができます。ただし、放射線は照射した範囲内にある正常な細胞にも影響を与えるため、できるだけピンポイントに病巣を狙うことが望まれます。サイバーナイフはこの要求を満たすもので、ロボット技術などを応用した最先端の放射線治療装置です。病巣を正確に捉え、6つの関節を持つロボットアームが角度を変えて病巣を放射線で狙い打ちします。このような高精度な治療により、人体に与える影響や患者の生活に対する負担を軽減することが可能となりました。このため、癌の治療方法として急速に受け入れられています。現在、サイバーナイフは脳腫瘍、肺癌、肝臓癌などで保険が適用されますが、保険の適用範囲が拡大されれば、さらにその利用が広まっていくものと考えられます。

人体への影響を減らす

放射線治療は外科治療と異なり、メスを入れないため、人体への影響が小さいことが特長です。そのため、患者への負担が少なく、外来通院のみでの治療が期待できます。特にサイバーナイフでは、X線により画像を撮影し、病巣の位置を追跡しながら放射線を照射しています。また呼吸をモニターし、呼吸により病巣の位置が大きくずれてしまった場合には、放射線の照射を停止するなどの対策が取られています。これらに加え、サイバーナイフは一方向からのみ病巣を狙うこれまでの方法と異なり、ロボットアームを用いて多方向から病巣を狙います。このため病巣の周囲にある正常な部分への影響が小さくなっています。以上述べてきたような方法により、サイバーナイフは患者への負担を従来の放射線治療よりも減らしているのです。